雲海を楽しむ展望スポット「Cloud Bed(クラウドベッド)」

雲海を楽しむ展望スポットCloud Bed(クラウドベッド)

Cloud Bedは雲をかたちづくる「雲粒」をイメージした、全長約15メートルの展望スポットです。直径約40〜60センチメートルの、弾力のあるクッションが連なって設置されています。 寄りかかったり、座ったり自由な姿勢で利用でき、雲の上にいるような気持ちで雲海を眺められる点が特徴です。(定員:約15名)
これらのクッションは、家具ブランド「sixinch(シックスインチ)」が開発した、ウレタンフォームに特殊なコーティングを施した素材でできています。 お子さまにも安全に楽しくお使いいただくため、安全な塗料でコーティングしており、完成品は耐水性があるので屋外でも使用できます。

Cloud9計画とは

雲の上での絶景や体験を楽しみ尽くせるよう、雲海テラスでの9つの過ごし方を提案する計画です。 Cloud Bedを設置する前には、雲の上を歩くような体験ができる「Cloud Walk(クラウドウォーク)」など4つの展望スポットを設置してきました。 また、この計画は英語で「I am on cloud nine.」が「この上ない幸せ」という意味であることから、Cloud9計画と名付けられました。 大自然を9つの方法で楽しむことにより、この上ない幸せを味わっていただきたいという思いを込めています。

雲海テラス

雲海テラスは、気象条件が揃った時に流れ込むダイナミックな雲海を間近で鑑賞できる展望施設です。 営業期間中は、40パーセントの確率で雲海が発生します。当テラスはトマム山の1,088メートルに位置しており、 ゴンドラに乗車して片道約13分でアクセスが可能な利便性の高い場所にあります。

pagetop