じゃがいもフェス

14種類のポテサラジェラートを食べ比べできるイベント秋の味覚を楽しむ「じゃがいもフェス」

2019年9月1日~10月31日の期間に、「じゃがいもフェス」を開催します。 北海道のじゃがいもは、甘みがあるものや、ほくほくとした食感のもの、鮮やかな紫色をしたものなど、品種が豊富です。 見た目はジェラート、食べると実はポテトサラダという「ポテサラジェラート」をご提供します。 それぞれの品種に合う様々な食材を合わせた、多種多様な14種類のポテサラジェラートを食べ比べできます。

じゃがいもフェス4つのポイント

14種類のポテサラジェラートの食べ比べ

じゃがいもフェスでは、様々な品種のじゃがいもと、それらに合う食材を組み合わせた14種類のポテサラジェラートを提供します。 例えば、トマム牛乳(※)を生かしたスイーツのようなものや、山わさびがアクセントになったものなどがあり、多種多様の味わいです。
※星野リゾート トマムのファームエリアにおいて、放牧により育った乳牛からとれた牛乳です。

おすすめの組み合わせ一例
シャドークイーン×ベーコン

独特の色彩を持つシャドークイーンはさっぱりとした味わいの品種です。塩味のあるベーコンを合わせることでバランスのいい味わいが楽しめます。

インカのめざめ×トマム牛乳

インカのめざめは、濃厚で甘みがあり、栗やサツマイモのような風味の品種です。トマム牛乳との組み合わせで、スイーツのように味わえるのが特徴です。

「じゃガップ」3個食べ比べセット

じゃがいもの中身をくり抜き、そのまま器にした「じゃガップ」。ポテサラジェラートの食べ方として、オリジナルのじゃガップにお好みのポテサラジェラートを乗せて食べられるのがポイントです。一口サイズの大きさで、食べやすく、見た目もかわいらしい商品です。じゃガップ3個を1セットとして3種類のポテサラジェラートを選べるセットは、皆でシェアをするのもおすすめです。

じゃがいもにまつわる知識を教えてくれる「じゃが店長」

じゃがいもフェスには、北海道のじゃがいもをこよなく愛する「じゃが店長」がいます。じゃが店長に話しかけると、じゃがいもの品種の違いなど、「じゃが知識」を教えてくれるかもしれません。じゃが店長はじゃがいもを愛するあまり、多種多様でカラフルなじゃがいもが描かれたオリジナルのエプロンを身につけているのが特徴です。

じゃがいもを見て、触って知ることができる「じゃがいもセラー」

「じゃがいもセラー」とは、北海道で収穫されているじゃがいものうち約30品種が並ぶじゃがいも専用のセラーです。 そこに並ぶじゃがいもを、実際に見て、色や、大きさ、形の違いなどを楽しめます。

「じゃがいもフェス 」概要

期間
2019年9月1日~10月31日
時間
15:00~17:00
場所
ホタルストリート内 cafe&bar「つきの」
料金
ポテサラジェラート 1種類 400円、じゃガップ3個 食べ比べセット 500円(いずれも税・サ込)
対象
宿泊者、日帰り共に利用可
予約
不要

*仕入れ状況により料理内容や食材の一部が変更になる場合があります。
*天候により、開催時間が変更になる場合があります。

ホタルストリート

ホタルストリートは、2017年12月に誕生した日本初のスキーインスキーアウトヴィレッジです。山の中腹に位置し、 食事や買い物を楽しめる9つの店舗がウッドデッキで繋がった全長約160メートルの街並みです。白樺や松の木々に囲まれた大自然の中で食事や買い物、 季節ごとのイベントを楽しむことができます。

pagetop