日の出を鑑賞できる秋の雲海テラス

星野リゾート トマムの「雲海テラス」では、9月1日から30日の期間中、営業時間が30分早まり、日の出を鑑賞できます。 9月は日の出が遅くなるため、朝一番のゴンドラに乗車すると雲の水平線からゆっくりと昇る太陽を見ることができます。 日の出とともに雲海が濃いピンクやオレンジに変わり、雲全体が染まっていく様子は息をのむほどの美しさです。 また、赤く染まる空や雲海をイメージしたドリンクをこの期間限定で提供します。

秋の絶景が楽しめる雲海テラス

雲海テラスでは、日の出の前にサンライズゴンドラを運行するため、日ごとに日の出が遅くなるこの時期、条件が合えば朝焼けと雲海を同時に臨むことが可能です。 雲の水平線からゆっくり昇る太陽に照らされ、赤く染まる雲海や、黄色に色づいたトマム山の木々の様子は、秋にしか出会えない景色です。また、秋になると大陸から移動する乾いた高気圧に覆われて晴れることが多く、空気中に含んでいる水蒸気の量が少ないため、空は日増しに澄んでいきます。日差しが弱まって気温が低くなることで空には綺麗な空気の層が広がり、夏とはまた違った表情を見せてくれます。

赤く染まる空や雲海をイメージした期間限定ドリンクを提供

雲海テラスにある「てんぼうかふぇ」では、サンライズゴンドラの運行期間中、期間限定で新しいドリンク「秋色雲海ソーダ」を販売します。ドリンクの橙色と水色のグラデーションは、青空が徐々に朝日に照らされて赤く染まっていく様子を表現しています。柑橘の香りが感じられるフルーティーな味わいです。 上には、ほんのり赤く色づいた雲海をイメージしたふわふわの綿あめが添えられています。

期間
2020年9月1日~9月30日
時間
4:30~9:00
料金
秋色雲海ソーダ 636円(税別)*数量限定

雲海テラス

ゴンドラ整備のスタッフにとっては見慣れた風景だった雄大な雲海を「お客さまにも見てもらいたい」という想いから雲海テラスは誕生しました。2006年に雲海テラスを開業し、2018年夏には累計来場者数が100万人を突破しました。今後もCloud9計画をもとに、個性的な展望スポットを第9弾まで展開する予定です。雲海テラスでの新たな過ごし方を提案することで、これまで以上に北海道の大自然に触れてほしいと考えています。

pagetop