巨大牧草ベッド

全長30メートルの「巨大牧草ベッド」が誕生

約100ヘクタールの広大な「ファームエリア」に「巨大牧草ベッド」が誕生します。 牧草を敷き詰めた全長30メートルのベッドで、放牧されている牛を近くで眺めながら、北海道らしい牧歌的な風景を楽しめるスポットです。 ふかふかとした牧草の感触や夏の爽やかな風を感じつつ、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

雄大な自然に囲まれた景観を眺めて、滞在を楽しめるファームエリア このエリアは、もともと約700頭の牛が飼育され、農業が営まれていた場所でした。当リゾートは、この土地が本来持っていた美しい風景を取り戻し、 訪れた方にも楽しんでもらいたいと考え、約100ヘクタールの土地をファームエリアとして運営しています。 これまでに、羊を数えながらお昼寝体験ができる「羊とお昼寝ハンモック」や、牧場をテーマにした「牧場ラウンジ」など、 北海道の雄大な風景に囲まれて過ごせるスポットを提案してきました。

誕生の背景 早起きした朝に、大自然の中で二度寝をしてしまうくらい気持ちよく過ごしてもらいたいという想いのもと、2017年に「牧草ベッド」が誕生しました。 より多くの方に、放牧されている牛を眺めながら北海道らしい牧歌的な体験をしてほしいと考え、巨大牧草ベッドの誕生に至りました。

巨大牧草ベッドにおけるコロナ対策
  • ・ファームエリア内各所に手指消毒用のアルコールを設置
  • ・1ブースごと1グループのみの利用に限定

牧草の香りを感じながら
くつろぐベッド

巨大牧草ベッドはふかふかの牧草を敷き詰めた大きなベッドです。全長30メートル あるので、大勢の人が密接することなく一度に寝転がることができます。 快適にくつろいでもらえるよう、ブランケットとクッションを用意しました。牧草の香りや手触りを感じられる大自然の中での二度寝を提案します。

雄大で牧歌的なファームエリアの風景が目の前に広がる

当リゾートでは、牛や馬、羊、山羊をファームエリアで飼育しています。 動物たちが過ごす雄大なファームエリアを一望できるように、高台に位置する斜面に巨大牧草ベッドを設えました。 ベッドに寝転がると、目の前には、放牧されている牛がのんびりと歩いたり、青々と茂る草を食んだりする牧歌的な風景が広がります。 また、北海道の夏は平均気温が18度前後(*1) と本州と比べて過ごしやすいため、爽やかな風を感じられます。 心地よい日差しとともに穏やかな時間を過ごすのがおすすめです。

*1 気象庁「過去の気象データ」より

「巨大牧草ベッド」概要

期間
2021年7月1日~9月30日
時間
10:00〜16:00
場所
星野リゾート トマム ファームエリア
対象
宿泊者、日帰り共に利用可

*天候状況により、中止する場合があります。

ファームエリアで
楽しめる他のスポット

pagetop