空中にせり出す展望デッキから絶景を望む「雲海テラス」リニューアルオープンしました

空中にせり出す展望デッキから絶景を望む「雲海テラス」
リニューアルオープン

2021年8月4日に空中にせり出す展望デッキから絶景を望む「雲海テラス」をリニューアルオープン。 ダイナミックな雲海をさらに間近で鑑賞できるようになりました。 高さ12メートル、3階建ての展望デッキからは、今までよりも遠くまで雲海や山々の絶景を見渡すことができます。新たに加わった「雲Cafe」では、雲をイメージしたスイーツやドリンクなどの提供を開始します。

雲海テラスリニューアルへの想い 夏場にゴンドラを整備していたスタッフにとって、見慣れた風景だった雲海を「お客さまにも見てもらいたい」という想いから、雲海テラスが誕生しました。2006年のオープン以来、毎年多くのお客さまにご来場いただき、2020年秋には累計来場者数が120万人に達しました。ダイナミックな雲海をさらに間近で鑑賞し、楽しんでいただきたいという想いで、今回リニューアルしました。今後も大自然が創り出す絶景を間近に感じられる提案を続けていきたいと考えています。



流れ込むような
ダイナミックな雲海を
近くで眺める

新しくできた展望デッキは今までよりも前面にせり出し、さらに間近で雲海を鑑賞できるようになりました。山を越えて流れ込み、一面を埋め尽くす雲海が目の前に広がる景色はまさに天空の絶景です。空中に浮いているようなデッキの先端に立つと、まるで、船に乗って雲の海に繰り出していくような気分を味わえます。

3階建ての展望デッキから
望むそれぞれの絶景

高さ約12メートルの3階建ての展望デッキは、各階からそれぞれ異なる絶景を望むことができます。1階は空中にせり出しているため、雲海を一番近くで鑑賞することができます。2階は屋根のあるソファスペースで絶景を目の前にゆっくりとくつろげるのが特徴です。最上階からは、遠くまで広がる雲海や日高山脈、山間から昇る朝日など、自然が織りなす絶景を広く見渡すことができます。

雲Cafeが誕生

雲Cafeでは、雲をイメージしたスイーツやドリンクを提供します。もくもくの雲をイメージしてボリューミーに盛り付けた「雲ソフト」やレモン味とバニラ味の「雲マカロン」、牛乳とバタフライピーティーの二層で、青い空と白い雲海をイメージした「雲海オレ」を用意しています。窓際には、テーブル席やカウンターが設置され、屋内にいながらも、雲海を間近で鑑賞することができるようになりました。

リニューアルオープン日には
セレモニーを開催

リニューアルオープンした8月4日に、200名限定でセレモニーを開催しました。当日は、雲に展望デッキが包まれる「雲中」という状況で、涼しい気候の中、テープカットやセレモニー限定のノンアルコールドリンク「雲海スパークリング」を振る舞い、リニューアルオープンを祝いました。

お客さまの声

  • ・雲海を見に来るのは3回目ですが、新しくなって立派になっていました。
    今日は雲中でしたが、雲海が出たらいい景色が見られそう。
  • ・SNSで見て来てみたかった。新しい展望デッキはすごくきれいで良い。
    マイナスイオンを感じられたのでよかった。また雲海を見に来たい。


雲海テラス 概要

期間
2021年5月12日~10月14日
リニューアルオープン日 2021年8月4日
料金
大人1,900円、小学生1,200円、ペット500円(いずれも税込)
リゾナーレトマム、ザ・タワー宿泊客は無料
対象
宿泊、日帰り客ともに参加可
URL
雲海テラスの詳細はこちら
備考
天候や気象条件によりゴンドラが運休となる場合があります。