鮭旅

鮭を余すことなく堪能する「鮭ディナー」と
「お子さま鮭プレート」

「焼く」「煮る」「揚げる」「凍らす」「蒸す」という調理法を用いて、コース料理の鮭ディナーと、鮭のさまざまな部位を使ったお子さま鮭プレートを提供します。

■鮭ディナー

「シェフおすすめの逸品」使用部位:鮭のフィレ

鮭のフィレを削り、乾燥させた鮭節と昆布で取った出し汁に鮭醤油を合わせた深みのあるスープです。

「鮭と帆立のカクテル仕立て 季節野菜のサラダ添え」使用部位:鮭のフィレ

鮭と帆立、旬の野菜と彩り鮮やかな3種のソースの味わいを堪能できる一品です。

「鮭の瞬間スモーク 山わさびとともに」使用部位:鮭のハラス

桜チップでスモークすることで風味が増し、さらに鮭の旨みが引き立ちます。醤油漬けした山わさびのピリッとした辛味がアクセントを加えます。

「鮭のアクアパッツァ メフンの香り」使用部位:鮭の背、腹

脂が増した鮭にメフンと呼ばれる腎臓の塩漬けをアクセントとして加えることで、鮭の身と白カブの味わいが引き立つ一品です。

「氷頭を使ったお口直し」使用部位:鮭の氷頭

氷頭は、鮭の鼻先の軟骨部分です。氷のように透き通っていることから名づけられました。鮭ディナーでは柑橘風味のグラニテに仕立てます。

「鮭のフィレといくらを使ったロッシーニ風」使用部位:鮭のフィレ

ロッシーニとは、一般的に牛フィレ肉を使用して、フォアグラとトリュフで仕上げた料理です。鮭ディナーでは、鮭のフィレといくら、昆布の泡で仕上げます。

「鮭の皮とリンゴのデザート」使用部位:鮭の皮

香ばしく揚げた鮭の皮を細かく砕き、リンゴのシャーベットと合わせます。皮の香ばしさとカリッとした食感を味わえるデザートです

■お子さま鮭プレート

お子さまには、鮭の部位ごとに盛り付けた計5種類の料理を鮭型のプレートで提供します。メインはお子さまに人気のあるハンバーグを鮭のフィレでアレンジしたメニューです。

「鮭のパイ包み焼き」使用部位:鮭のカマ

パイ生地でカマのうまみと脂を閉じ込めています。

「鮭とトウモロコシのグラタン」使用部位:鮭のフィレ

鮭とトウモロコシ、チーズを合わせています。まろやかな味わいが特徴の一品です。

「鮭のハンバーグ」使用部位:鮭のハラス

程よい水分と脂を含み、しっとりと仕上がったハンバーグはお子さまでも食べやすいメニューです。

「鮭とイクラのパスタ」使用部位:鮭のフィレ

鮭のフィレをほぐした身とたっぷりのいくらをパスタと合わせています。トマトの風味がアクセントです。

「鮭のオニオンスープ」使用部位:鮭の氷頭

氷頭は、鮭の鼻先の軟骨部分です。氷のように透き通っていることから名づけられました。こんがりと焼いた氷頭とオニオンを丁寧に炒めたスープです。

「鮭とイクラの濃厚バニラアイス」使用部位:鮭の皮

濃厚なトマム牛乳(*)を使用したアイスに、程よいいくらの塩味とカリッと揚げた鮭の皮がアクセントになっています。
* ファームエリアで放牧している牛から搾った牛乳