4種類の肉料理を味わい尽くす「牛肉フェア」を開催

2021年1月1日~31日の期間、ビュッフェレストラン「森のレストラン ニニヌプリ」にて「牛肉フェア」を開催します。これは、農林水産省が推し進める「#元気いただきますプロジェクト」に賛同した取り組みです。現在、コロナの影響を受け、国内では食材の在庫滞留、価格の下落が問題となっています。本イベントを通じて、より多くの方々に国内の食材を使った料理を美味しく食べてもらうことで日本の農林水産業を応援します。第2弾として提供するのは、お客様の目の前で調理して提供する4種類の牛肉料理です。


「#元気いただきますプロジェクト」とは
コロナの影響による外出自粛や輸出の停滞などにより、国内の農林水産物の在庫滞留や価格の下落などが起きています。食材は、適正な出荷時期を逃すとその価値を失います。その為、農林水産省は、影響が顕著な品目の販売を促進するため、#元気いただきますプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは、より多くの方々に国内のおいしい食材をたくさん食べてもらうことで日本の農林水産業をサポートします。

4種類の肉料理で牛肉を味わい尽くす牛肉フェア

通常のビュッフェメニューに加え、ローストビーフ、牛肉のジンギスカン、ステーキ、すき焼き丼の4種類を思う存分堪能できます。時間をかけてゆっくり焼き上げるローストビーフは、ほどよく柔らかく、凝縮されたお肉の旨味が際立ちます。北海道の名物料理であるジンギスカンは、脂ののった牛バラ肉を使い、羊肉とは違った美味しさを発見できる一品です。一緒に焼き上げる野菜は、肉の油が程よく染み込み味わいが増します。鉄板で豪快に焼き上げるステーキは、香り、旨味、舌触りなど素材そのものの美味しさを楽しめます。すき焼き丼は、じっくりと煮込んだ牛肉の旨味と野菜の甘味が一緒に味わえるのが特徴です。

牛肉フェアにおけるコロナ対策

牛肉フェアが開催される、トドマツの樹林帯に囲まれた森のレストラン ニニヌプリでは、安心してビュッフェを楽しめる「新ノーマルビュッフェ」を採用しています。当レストランでは、「最高水準のコロナ対策宣言」のもと、「衛生管理」と「3密対策」を徹底し、以下の対応を行っています。

・レストラン入店時に、お客様へ手指のアルコール消毒を実施
・すべての料理に、飛沫感染対策のアクリル製カバーを設置・配置も工夫
・お客様に、マスクと手袋を用意
・ソーシャルディスタンスを確保する専任スタッフを配備
・スタッフ全員がマスク着用
・感染能力を無力化! 抗ウイルスコーティング「メディカルナノコート」を塗布
・新型コロナウイルス流行前より徹底している、HACCP(*1)に沿った衛生管理
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化を実施
・食事用テーブル席の間隔を空ける
・お子様用の食事は、席へお持ちする専用メニューを用意
*1  Hazard Analysis and Critical Control Point:国際的に認められた衛生管理の手法



「牛肉フェア」概要
期間
2021年1月1日~31日
時間
17:30~21:00
場所
森のレストラン ニニヌプリ
料金
大人3,546円、小学生2,455円、幼児(4歳以上)1,819円(いずれも税別)

※仕入れ状況により提供内容が、一部変更になる場合があります。

pagetop