霧氷テラス

雪山の絶景を眺める「霧氷テラス」

リニューアルした展望デッキからの絶景を満喫
期間:2021年12月1日~2022年3月31日
氷点下約2~10度の間で空気中の水分や霧が木々に付着する現象「霧氷」を鑑賞でき、雪山の絶景を堪能できる「霧氷テラス」。展望デッキに併設されている「雲Cafe」では、霧氷をイメージした新メニュー「霧氷チョコレート」を新たに提供開始します。また、12月1日~25日の間は、期間限定で夜の「霧氷ライトアップ」を行います。

霧氷テラスとは

霧氷テラスは、トマム山の標高1,088メートルに位置し、木々に付着する霧氷が作り出す絶景を観賞できるテラスです。スキー場といえば滑る人だけの場所というイメージですが、当リゾートでは滑らない人にも雪山の美しさを知ってほしいという想いから霧氷テラスを営業しています。ゴンドラに乗車し、約13分でアクセスできるため手軽に絶景を楽しめる展望施設です。2017年より開始した夜の霧氷ライトアップでは、光に照らされ浮かび上がる白い霧氷の木々が、日中とは違った幻想的な景色を見せてくれます。

霧氷が広がる雪山の絶景を
リニューアルした展望デッキから堪能

空気が澄んで晴れた日の青い空と霧氷が広がる真っ白な雪山は、寒い地域ならではの絶景です。2021年8月4日にリニューアルした展望デッキは、雪山にせり出す構造になっているので間近で霧氷を見ることができます。視界いっぱいに広がる霧氷が作り出す冬景色は格別です。気温が低い朝には、きらきらと輝くダイヤモンドダストが見られることもあり、より一層霧氷の絶景を堪能できます。当テラスの霧氷の発生確率は約70%とシーズンを通して高い確率で鑑賞することができます。

霧氷をイメージした新スイーツ「霧氷チョコレート」を提供開始

雲Cafeでは、霧氷の木々をイメージしたチョコレートを提供します。小枝型のチョコレートに、ココナッツとアラザンをあしらい、霧氷のきらめきを表現したチョコレートです。中にはトマム牛乳(*2)で作ったミルクジャムを使用しています。濃厚なトマム牛乳のミルクジャムとチョコレートの相性は抜群です。 このチョコレートは、北海道旭川市にあるデザイナーズチョコレートブランド「RAMS CHOCOLATE」(壺屋き花の杜)のショコラティエ・村本賢亮(むらもと けんすけ)氏に霧氷をイメージして作っていただきました。村本氏はRAMS CHOCOLATEを軸とし、「×(掛け算)」をテーマにするプロジェクトを進めています。今回は、当リゾートで見られる美しい霧氷とトマム牛乳をコラボレーションしたチョコレートを開発していただきました。
RAMS CHOCOLATE https://www.tsuboya.net/rams/

夜の霧氷ライトアップを実施

期間限定で、リニューアルした展望デッキと展望スポット「Cloud Bar」周辺の木々をライトアップします。霧氷が光に照らされて、白く木々全体が浮かび上がる光景は、夜にしか見られない絶景です。日中とは違った霧氷の美しさを堪能できます。展望デッキでは、眼下に広がるライトアップされた霧氷の幻想的な景色を楽しむことができます。

「霧氷テラス」概要

期間
2021年12月1日~2022年3月31日
料金
ゴンドラ往復料金 大人2,200円、小学生1,300円(いずれも税込)
*ザ・タワー、リゾナーレトマム宿泊客は無料
霧氷チョコレート 1,000円*数量限定
時間
2021年12月1日~25日
9:00~15:00(ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、15:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 15:00(ラストオーダー)
2021年12月26日~2022年3月31日
9:00~15:30 (ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、16:00(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 15:30(ラストオーダー)
対象
宿泊、日帰り客共に利用可

※仕入れ状況により提供内容が、一部変更になる場合があります。

「霧氷ライトアップ」概要

期間
2021年12月1日~25日
時間
16:30~18:00(ゴンドラ山麓駅舎最終乗車)、18:30(ゴンドラ山頂駅舎最終乗車)
雲Cafe 18:30(ラストオーダー)

pagetop