スキーヤーズスイートルーム誕生

スキーヤーズスイートルーム誕生

スキー旅を満喫!機能とデザインを兼ね備えたゲレンデ目の前コンセプトルーム
利用開始:2022年1月10日~
2022年1月10日、スキー旅を満喫!機能とデザインを兼ね備えたゲレンデ目の前の「スキーヤーズスイートルーム」が誕生します。客室には、スキーブーツをしっかりと乾かせるブーツヒーターがあったり、スキー板を持ち込んだりできます。また、ゲレンデを眺められるので、状況を確認してすぐに滑り出すことも可能。さらに、スキーにちなんだアイテムをリメイクした家具やオブジェを設置。「シングルリフトチェア」や木製スキー板のオブジェなどに心が弾みます。アフタースキーには、北海道らしい食やお酒を楽しんだり、展望ジェットバスやプライベートサウナでゆっくりしたり、スキー旅を満喫できます。

「スキーヤーズスイートルーム」
6つのポイント

滑走後すぐに乾かせるブーツヒーターの設置、板や小物を置くスペースも確保

客室には、滑走後すぐにスキーブーツを乾かせるよう、ブーツヒーターを設置しました。乾燥室の混雑を気にせず、しっかりと乾かすことができます。また、入り口付近には、板を置いたり、ウエアやグローブ、ヘルメットなどを掛けるスペースもあります。

ゲレンデを一望できる高層階の客室

スキーヤーズスイートルームは、高層階、27階に位置する100平米の客室です。ゲレンデを眺められるので、朝起きてすぐその日の状況を見ることができます。天候が変わりやすい山の天気でも、客室からゲレンデの様子を見て、突然天候がよくなった時にはすぐさま滑りに行くということも可能。また、客室に設置されているテレビをつけると、その日の気温、風速や積雪量、リフトの運行状況を「トマムコンシェルジュ」で確認できます。

スキーにちなんだアイテムを家具やオブジェにリメイク

客室にはスキーにちなんだ家具やオブジェなどを取り入れました。ゲレンデを見渡せる窓際に、「シングルリフトチェア」を設置しました。以前、トマム スキー場で実際に使用していたシングルリフトを、椅子にリメイク。この椅子に座ると、目の前にはゲレンデが広がるので、客室にいながらリフトに乗っている気分で、すぐに滑りたくなるワクワクした気持ちになります。また、木製のスキー板とストックをオブジェとして飾りました。入り口からリビングへ行くと目に入ってきて、まるでスキー板がお出迎えしているようです。

ホテルとゲレンデが直結した「スキーヤーズエントランス」

リゾナーレトマムにはホテルとゲレンデが直結したスキーヤーズエントランスがあります。客室で滑る準備をして、エレベーターを降りたら、すぐに滑り出せます。

アウトドアプロショップのワックスサービス

当客室の宿泊者は、スキー板のワックスサービスを受けられます。夕方に滑り終わった後、ホタルストリート内にあるアウトドアプロショップ「フルマークス トマム」で、専門スタッフが丁寧にワックスをかけます。ワックスをかけてもらう間、スタッフとスキーについて話したり、買い物をしたり、楽しい時間を過ごせます。

スキーの後は、客室の展望ジェットバスとサウナでゆっくり過ごす。

100平米の広々とした当客室には、展望ジェットバスとプライベートサウナがあります。展望ジェットバスでは、ゲレンデを眺めながら、ゆっくりとお湯につかってリラックス。サウナに入れば、さらに身体が温まります。1日中スキーをして、疲労がたまった身体をしっかりと休めることで翌日も存分にスキーを楽しめます。

「スキーヤーズスイート」開発の背景

当リゾートには、最大斜度が35度のコースや、非圧雪を楽しめるスキー場があります。このエリアは、内陸性気候の特徴である低い湿度に加え、氷点下20~30度(*1)まで気温が下がるため、良質なパウダースノーを存分に楽しめます。また、日本初のスキーインスキーアウトヴィレッジ「ホタルストリート」で食事や買い物をしたり、予約制で朝一番のファーストトラックを滑れたり、施設やアクティビティが充実。このような当リゾートで、「スキー旅をさらに満喫してほしい」という思いから、当客室の開発に至りました。

*1 気象庁ホームページより

「スキーヤーズスイートルーム」概要

利用開始日
2022年1月10日
料金
1泊50,800円~(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込)
*4名1室利用時は1泊26,900円~(税・サービス料込み)
定員
4名(1日1組限定)まで
室数
1室
広さ
100平米

pagetop